HOME > コンサート情報 今年の招聘予定アーティスト > ジョセフ・カレヤ テノール・リサイタル

コンサート情報

コンサート情報トップ
来年度招聘予定アーティスト
過去の公演
 
ジョセフ・カレヤ テノール・リサイタル

昨年、鮮烈日本デビューを飾ったテノールの新星
若きパヴァロッティを彷彿させる歌唱で
会場を震撼させた感動をふたたび!

 1978年マルタ島生まれ。16歳よりテノールPaul Asciak 氏のもとで研鑽を積む。ベルヴェデーレ国際声楽コンクール(97年)、エンリコ・カルーソー・コンクール(98年)、 プラチド・ドミンゴ国際コンクール(99年)等数々のコンクールで優勝を飾る。97年に若干19歳で《マクベス》のマクダフを歌い、故郷マルタでオペラ・デビューを果たし、国際的キャリアをスタートさせる。

 2001年にベルガモ・ドニゼッティ・フェスティバルで《マリア・ストゥアルダ》、2002年にはブリュッセル・モネ劇場で《ドン・パスクヮーレ》、パルマ・レッジョ劇場で《ランメルモールのルチア》、 ブレゲンツ音楽祭とフランクフルト歌劇場で《ラ・ボエーム》、更にコヴェント・ガーデン王立劇場に《リゴレット》でデビューを飾るなどその活躍は目覚ましく、彼の名は瞬く間に世界中に知られることとなった。

 2003年にはフランクフルトで《ロメオとジュリエット》、チューリッヒ歌劇場で《リゴレット》と《ランメルモールのルチア》、ウィーン国立歌劇場で《夢遊病の女》、 2004年にはベルリン・ドイツ・オペラとバルセロナ・リセウ劇場で《リゴレット》、ウィーンで《清教徒》、ザルツブルグ音楽祭で《カプレーティ家とモンテッキ家》等、 ヨーロッパ各地の主要オペラ・ハウスに次々とデビュー、また2005年にはニューヨーク・メトロポリタン歌劇場に《リゴレット》でアメリカ・デビューを果たし、その後も世界の桧舞台で着実にキャリアを築いている。

 2008/09年シーズンは、チューリッヒ、ハンブルクで《リゴレット》、メトロポリタン・オペラには《リゴレット》と《愛の妙薬》、ウィーンとコヴェント・ガーデンで《ラ・トラヴィアータ》、 ベルリンで《ランメルモールのルチア》、フランクフルトには《ランメルモールのルチア》と《真珠採り》等、主要オペラ・ハウスの常連として名を連ね、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍ぶりである。

 2009/10年シーズンは、ハンブルク、ウィーンとパリで《ラ・ボエーム》、ニューヨークで《ホフマン物語》、フランクフルトで《ランメルモールのルチア》と《つばめ》、ミュンヘンで《マクベス》、 ロンドンで《シモン・ボッカネグラ》、更には、夫人タチアナ・リスニックとの共演で、新国立劇場に《愛の妙薬》で日本オペラ・デビューも予定され、注目を集めている。

 これまでに数多くの著名指揮者と共演しているが、その輝きのある声と叙情性豊な歌唱は、次代を担うリリック・テナーとして欠かせない逸材であると、誰もが彼の才能を認め絶大なる信頼を寄せている。
 日本へは2008年に初来日を果たし、デビュー・リサイタルでは若きパヴァロッティを彷彿させる演奏でファンを圧倒したしたことは記憶に新しい

 
曲目

前半

ヴェルディ:《リゴレット》~“あれかこれか”
G.Verdi : 《Rigoletto》 ~ “Questa o quella”

ヴェルディ:《マクベス》~“ああ、父の手は”
G.Verdi : 《Macbeth》 ~ “Ah, la paterna mano”

トスティ:かわいい口もと
F.P.Tosti : A vuchella

ドナウディ:優雅な絵姿
S.Donaudy : Vaghissima sembianza

ヴェルディ:《リゴレット》~“女心の歌”
G.Verdi : 《Rigoletto》 ~ “La donna e mobile”

後半

プッチーニ:《トスカ》~“妙なる調和”
G.Puccini : 《Tosca》 ~ “ Recondita armonia”
     :《トスカ》~“星は光りぬ”
     :《Tosca》~“E lucevan le stele”

ピエトリ:《マリステッラ》~“僕は誰も知られていない花園を知っている”
G.Pietri : 《Maristella》 ~ “Io conosco un giardino”

レオンカヴァッロ:マッティナータ
R.Leoncavallo : Mattinata

グノー:《ロメオとジュリエット》~“ああ、太陽よ昇れ”
C.F.Gounod : 《Roméo et Juliette》 ~ “Ah! léve toi soleil”

マスネ:《ル=シッド》~“統べたまい、裁きたもう御父よ”
J.Massenet : 《Le Cïd》 ~ “Ah tout et bien fini・・・O souverain, o juge, o Père”

演奏家の希望により、曲目等公演内容に変更が生ずる場合もございます。あらかじめご了承ください。
※未就学児童の入場はご遠慮ください。

ジョセフ・カレヤ
テノール・リサイタル

2010年3月17日(水)19時
Wednesday, 17 March 2010 at 7p.m.

東京オペラシティコンサートホール
タケミツメモリアル

Tokyo Opera City Concert Hall
Takemitsu Memorial

ピアノ:浅野 菜生子
Piano:Naoko Asano

チケット発売日

好評発売中

チケット価格

S:¥11,000
A:¥8,000
B:¥6,000
C:¥4,000

お問い合わせ・お申し込み

東京プロムジカチケットデスク
03-3372-7050

お問い合わせ
 

チケットぴあ(Pコード 340-643)
0570-02-9999

イープラス
http://eplus.jp

東京オペラシティチケットセンター
03-5353-9999

東京文化会館チケットサービス
03-5685-0650

東京芸術劇場チケットサービス
03-5985-1707

主催:
東京プロムジカ

 
今年の招聘予定アーティスト一覧 ページトップに戻る