HOME > コンサート情報 今年の招聘予定アーティスト > アントニーノ・シラグーザ テノール・リサイタル

コンサート情報

コンサート情報トップ
来年度招聘予定アーティスト
過去の公演
 
アントニーノ・シラグーザ テノール・リサイタル

アントニーノ・シラグーザ(テノール・リサイタル)
Antonino Siragusa

 イタリア・シチリア島メッシーナ生まれ。メッシーナの“A.コレッリ”音楽学院で、アントニオ・ベヴィラックア氏に師事。1992年、カターニャ・ベッリーニ劇場のコーラスを務める傍ら、声楽の研鑽を積み、ソリストとして活動の場を拡げるが、96年“ジュゼッペ・ディ・ステファノ”国際コンクールでグランプリを獲得、≪愛の妙薬≫ネモリーノ役でオペラ・デビューを機に、本格的キャリアをスタートさせる。

 イタリアの澄み切った青空に響く輝かしい声、甘く抒情的な歌唱は忽ちのうちに注目を集め、ヴェネツィア、ボローニャ、ローマ、ミラノ、トリノ、ナポリ、ロッシーニ・フェルティバルなどイタリアの主要歌劇場に次々とデビューを果たし、その後もニューヨーク、ウィーン、ベルリン、アムステルダム、ハンブルグ、マドリード、モンテ・カルロ等主要オペラ・ハウスに登場、ワールド・ワイドに活躍の場を広げている。

 近年は、ウィーン、フィレンツェ、ベルリン、ミュンヘン、トリノ、パリ・オペラ座・バスティーユやトリエステで《セビリャの理髪師》、ハンブルクで《連隊の娘》、チューリッヒで《ギョーム・テル》、ロッシーニ・フェスティバルには《タンクレーディ》等に出演、卓越したコントロール・テクニックで、特に得意とするロッシーニ作品においては欠かせない存在として主要オペラ・ハウスからのオファーが絶えない。

 日本(藤原歌劇団)ウィーン、フィレンツェで《セビリャの理髪師》等の活躍が約束されている。

 日本へは、98年「テノール・ガラ」で初来日し大喝采を浴び、その後はほぼ毎年のようにリサイタルを開催、陽気な人柄とチャーミングなステージ・マナーで多くのファンを獲得している。2002年には、新国立劇場≪セビリャの理髪師≫で待望の日本オペラ・デビューを飾り大成功を収めて以来、2007年にはスポレート歌劇場日本公演≪セビリャの理髪師≫、2008年には藤原歌劇団公演≪泥棒かささぎ≫とスポレート歌劇場日本公演≪チェネレントラ≫、2009年には新国立劇場≪チェネレントラ≫、2011年には藤原歌劇団公演≪セビリャの理髪師≫、その来日時にボローニャ歌劇場日本公演《清教徒》に急遽出演、2013年1月には新国立劇場≪愛の妙薬≫に出演するなど度重なる来日で、日本でも絶大な人気を誇っている。また、ヴァ・メイやデジレ・ランカトーレとのデュオ・リサイタルを開催、息の合ったステージで聴衆を魅了した。2013年1月の来日直前には、ロンドンでソロ・コンサートに出演、大成功を収めている。

 日本国内での録音は“カルーゾー~イタリア名曲を歌う”、“人知れぬ涙~アリア集”、“理想の女”をキングレコードよりリリース、好調なセールスを記録している。 

 
曲目

前半

トスティ: 理想 / 暁は光から闇をへだて
F.P.Tosti : Ideale / L’alba separa dalla luce l’ombra
エマヌエル・カーリ : シチリアの朝の歌
E. Cali : E vui durmiti ancora!
デ・クルティス : 泣かないお前
E.De Curtis : Tu, ca nun chiagne
ダンニバーレ : 太陽の土地
V.D’Annibale : ‘O paese d’’ o sole
ビクシオ : マリウ、愛の言葉を
C.A.Bixio : Parlami d’amore Mariu
ララ : グラナダ
A.Lara : Granada

後半

ドニゼッティ : 《愛の妙薬》~“人知れぬ涙”
G.Donizetti : «L’elisir d’amore» ~ “Una furtiva lagrima”
プッチーニ : 《ジャンニ・スキッキ》~“フィレンツェは花咲く木のように”
G.Puccini : «Gianni Schicchi» ~ “Firenze è come un albero fiorito”
ヴェルディ : 《ラ・トラヴィアータ》~“燃える心を”
G.Verdi : «La traviata» ~ “ De’ miei bollenti spiriti”
フロトウ : 《マルタ》~“夢のごとく”
F.F.von Flotow : «Martha» ~ “M’ appari tutt’ amor”
グノー : 《ロメオとジュリエット》~“ああ、太陽よ昇れ”
C.F.Gounod : «Roméo et Juliette» ~ “Ah! léve toi soleil”
ドニゼッティ : 《連隊の娘》 ~ “ああ友よ、なんと楽しい日!”
G.Donizetti : «La fille du résiment» ~ “Ah! mes amis….Pour mon ame”

※演奏家の希望により、曲目等公演内容に変更が生ずる場合もございます。あらかじめご了承ください。
※未就学児童の入場はご遠慮ください。

アントニーノ・シラグーザ
テノール・リサイタル

2013年7月10日(水)19時
Wednesday, 10 July 2013 at 7p.m.

東京オペラシティコンサートホール タケミツメモリアル
Tokyo Opera City Concert Hall

ピアノ:浅野 菜生子
Pianoforte:Naoko Asano

チケット発売日

友の会優先発売:2月22日(金)
DM会員優先発売:2月25日(月)
一般発売:3月1日(金)
  
*友の会およびDM発売は東京プロムジカのみで受付

チケット価格

S:¥12,000
A:¥9,000
B:¥6,000

お問い合わせ・お申し込み

東京プロムジカチケットデスク
03-3372-7050

お問い合わせ
 

チケットぴあ(Pコード 193‐796)
0570-02-9999

イープラス
http://eplus.jp

東京オペラシティチケットセンター
03-5353-9999

東京文化会館チケットサービス
03-5685-0650

ローソンチケット
0570-084-003(Lコード 36146)
0570-000-407(オペレーター/10:00~20:00)
http://l-tike.com

主催:
東京プロムジカ

協力:
アリタリア-イタリア航空
キングレコード㈱

後援:
イタリア文化会館

 
今年の招聘予定アーティスト一覧 ページトップに戻る