HOME > コンサート情報 今年の招聘予定アーティスト > パオロ・ファナーレ テノール・リサイタル

コンサート情報

コンサート情報トップ
来年度招聘予定アーティスト
過去の公演
 
パオロ・ファナーレ

パオロ・ファナーレ(テノール・リサイタル)
Paolo Fanale

彗星のように現れたベルベットのテノール、ファナーレ
香原斗志(オペラ評論家)

 こういう才能に出会える楽しみがあるから、オペラ鑑賞はやめられない。隅々までていねいに磨きこまれ、ベルベットのような手触りに仕上げられたやわらかく光沢がある声。それをピアニッシモからフォルテまで変幻自在に行き来して、歌に内在する情感を細やかにあぶり出す。しかも、とろけるような甘美なメッツァヴォーチェを多用しながら、歌のラインがまったく崩れない。その上質な響きに包まれた聴き手はにわかに桃源郷に誘われ、その余韻も含めて、しばし上質な時間を約束される。すくなくとも私には、パオロ・ファナーレの歌はそのように作用した。

 たとえば、一昨年6月の《コジ・ファン・トゥッテ》のフェッランド、昨年10月の《ドン・ジョヴァンニ》のドン・オッターヴィオと、2年続けて新国立劇場で聴くことができたモーツァルトでも、まろやかな声による磨き抜かれたフレージングが絶品だった。けれども、昨年のリサイタルはそれ以上に圧巻だった。前半の歌曲から震えが止まらなくなるなどと、どうして想像できただろうか。あれほど甘美な〈カーロ・ミオ・ベン〉を聴いた記憶はないし、トスティの〈君なんてもう〉では、弱音をたくみに駆使し、感情の起伏に応じて品位あるテンポ・ルバートを用い、歌詞にこめられた失った恋人への諦念がぐいぐいと迫ってきたのである。

 そしてアリアでは、《愛の妙薬》の〈人知れぬ涙〉を聴いて、ネモリーノが歌うように「これ以上、なにも望むものはない」と思えた。グノー《ロメオとジュリエット》の〈ああ、太陽よ昇れ〉はやわらかさと輝きが絶妙にバランスし、アンコールで歌った《ラ・ボエーム》の〈冷たき手を〉では、イタリアのテノールらしい流麗さと輝かしいハイCを披露した。みずみずしさを残したまま、洗練を重ねた品位ある声を、こうしてシャワーのように浴び続ける快感といったらなかった。

 2012年夏、ジュネーブでトーマの《ミニョン》に出演していた際、たまたま聴きにきていたメトロポリタン歌劇場(MET)の担当者から声をかけられ、直後にニューヨークでオーディションを受けると、いきなり10公演での契約を打診されたというファナーレ。耳の肥えたMETの担当者が手放しで評価する理由は、その歌声を聴けば、たちどころに理解できるはずである。しかも、スター街道を歩みはじめた途端に、レパートリーを拡大して声を荒らしていく歌手が多いなか、ファナーレは自分の声に合った役柄だけを慎重に選び、その表現に地道に磨きをかけることで、声の質感も、歌のフォルムも、聴くたびに進化を遂げている。絶品のトスティに加え、ファナーレの美質が最も味わえるフランス・オペラ、イタリア・オペラのアリアのシャワー。浴びない手はあるまい。

 
曲目

トスティ:夢 / セレナータ / 悲しみ / そうであってほしい / 四月
     マレキアーレ / 最後の歌 / 暁は光から闇をへだて
F.P.Tosti : Sogno / La serenata / Tristezza / Vorrei / Aprile
     Marechiare / L’ultima canzone / L’alba separa dalla luce l’ombra

ビゼー:《真珠採り》~“耳に残る君の歌声”
G.Bizet : «Les pêcheurs de perles» ~ “Je crois entendre encore”
マスネ:《ウェルテル》~“春風よ、なぜ私を目覚めさすのか”
J.Massenet : «Werther» ~ “Pourquoi me réveiller, ô souffle du printemps”
グノー:《ファウスト》~“この清らかな住まい”
C.F.Gounod : «Faust» ~ “Salut! demeure chaste et pure”
プッチーニ:《ラ・ボエーム》~“冷たき手を”
プッチーニ:《ラ・ボエーム》~“冷たき手を”
ヴェルディ:《リゴレット》~“あれかこれか”
G.Verdi : «Rigoletto» ~ “Questa o quella”

※演奏家の希望により、曲目等公演内容に変更が生ずる場合もございます。あらかじめご了承ください。
※未就学児童の入場はご遠慮ください。

パオロ・ファナーレ
テノール・リサイタル

2015年9月4日(金)19時
Friday, 4 September 2015 at 7p.m.

紀尾井ホール
Kioi Hall

ピアノ:浅野 菜生子
Pianoforte:Naoko Asano

チケット発売日

友の会優先発売:好評発売中
DM会員優先発売:好評発売中
一般発売:好評発売中
  
*友の会およびDM発売は東京プロムジカのみで受付

チケット価格

S:¥11,000
A:¥8,000
B:¥5,000

お問い合わせ・お申し込み

東京プロムジカチケットデスク
03-3372-7050

お問い合わせ
 

チケットぴあ(Pコード 264-686)
0570-02-9999

イープラス
http://eplus.jp

紀尾井ホールチケットセンター
03-3237-0061

東京文化会館チケットサービス
03-5685-0650

ローソンチケット
0570-084-003(Lコード 33879)
0570-000-407(オペレーター/10:00~20:00)
http://l-tike.com

主催:
東京プロムジカ

後援:
イタリア文化会館

協力:
アリタリア-イタリア航空
NPO法人日本音楽生涯学習振興協会/NPO法人童謡コーラス支援事務局
「みんなの音楽会TV」(テレビ神奈川・テレビ埼玉・東京MXテレビにて好評放送中!)

 
今年の招聘予定アーティスト一覧 ページトップに戻る