HOME > コンサート情報 今年の招聘予定アーティスト > ディミトリ・コルチャック テノール・リサイタル

コンサート情報

コンサート情報トップ
来年度招聘予定アーティスト
過去の公演
 
ディミトリ・コルチャック

ディミトリ・コルチャック テノール・リサイタル
Dimitry Korchak Tenor Recital

ベルカントに支えられた理想的な叙情性
リリック・テノールの星、コルチャックを聴け!
香原斗志(オペラ評論家)

これぞテノーレ・リリコ(リリック・テノール)の希望の星だ――。そう感じた人も多かったにちがいない。2016年、東京で《ウェルテル》のタイトルロールと《エフゲニー・オネーギン》のレンスキーの2役を歌い、ディミトリー・コルチャックは艶のある叙情的な声で聴き手の心を鷲づかみにしてしまった。
 しかも、その艶は少しの翳りを帯び、えもいわれぬ薫りを漂わせる。むろん鼻腔を刺激するわけではないが、翳のある色気をたたえた薫り高い声なのである。ウェルテルやレンスキーのような憂愁のヒーローがよく似合う。似合うどころか、彼らの憂いが声に乗って届き、聴き手はいやおうなく五感を刺激される。
 コルチャックが歌うのをはじめて聴いたのは2 0 0 6 年、ペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル(ROF)における《泥棒かささぎ》のジャンネット役だったように思う。主役ではないが至難の技巧的なアリアがあるこの役に挑んで、機敏なアジリタを駆使し、様式的に文句をつけようのない歌唱を披露した。
 ただし、当時はまだ声の成熟が足りないところもあったが、2013年のROFでアルベルト・ゼッダが自ら指揮した《湖の女》でジャコモ5世を歌うのを聴き、成長を目の当たりにした。デビューした当初からたしかだったベルカントの歌唱技巧はそのままに、声が成熟し、ロマン主義の息吹を感じさせるこの役を、高地にある湖のほとりの湿気をふくんだ空気の香りまで漂わせるように歌ったのである。
 こうして声が理想的に成熟すると、レパートリーも拡大した。叙情性を増した声は、とりわけ心に悩みや闇をかかえたロマン派のオペラの諸役にうってつけで、その一端が、東京で披露した上記の2役だ。コルチャックの音楽性の高さは、みずから作曲や指揮に取り組むことによっても担保されている。しかし、キャリア最初期にベルカントの歌唱をしっかり学んでいなければ、ロマン派の役を歌って、これほどの深みを加えることはできなかったはずである。脆弱な基礎の上に摩天楼が建たないように。
 2017年のROFでは《トルヴァルドとドルリスカ》のトルヴァルド役を歌ったが、熟した声をしぼって絹のようなピアニッシモを聴かせたかと思うと、心地よいフォルテを響かせ、美しく、気高い、充実の歌唱を披露した。しかも、この役を歌うのに必要な装飾技巧も、少しも失われていなかった。
 たしかな歌には、たしかなキャリアの支えがある。そうして育み、熟したコルチャックの歌が、どれほど心に響くものであるか、ぜひ体感してほしい。

 
曲目

グリンカ:すばらしい時を覚えている
M.I.Glinka : Ya pomnyu chudnoye mgnoven'ye
ワルラモフ:白い帆がひとつ
A.E.Varlamov : Белеет парус одинокий
ダルゴムイシスキー:私は嘆く
A.S.Dargomyzhsky : Мне грустно
チャイコフスキー:夜鳴うぐいす op.60-4 / セレナード op.63-6 / ただ一言でよかったのに
P.I.Tchaikovsky : Соловей / Серенада / Хотел бы в единое слово
        :《エフネギー・オネーギン》より"どこへ行ってしまったのか
私の青春の黄金の日々よ" : «Евгений Онегин» ~ "Куда, куда вы удалились, весны моей злотые дни"
ラフマニノフ:美しい人よ、私のために歌わないで op.4-4 / 春の洪水 op.14-11
S.V.Rakhmaninov : Не пой , красавица / Весенние воды
アレンスキー:《ラファエル》より"舞台裏で歌う歌手の歌"
A.S.Arensky : «Рафазль» ~ "Песня певца за сценой"
ロッシーニ:約束 / バッカス祭り / 踊り
G.Rossini : La promessa / L'orgia / La danza
     :《オテッロ》より"ああ、どうして感じてくれないのですか"
: «Otello» ~ "Ah! Come mai non sento"
ドニゼッティ:《愛の妙薬》~"人知れぬ涙"
G.Donizetti : «L'elisir d'amore» ~ "Una furtiva lagrima"
グノー:《ロメオとジュリエット》~"ああ、太陽よ昇れ"
C.F.Gounod : «Roméo et Juliette» ~ "Ah! léve toi soleil"
マスネ:《ウェルテル》~"春風よ、なぜ私を目覚めさすのか"
J.Massenet : «Werther» ~ "Pourquoi me réveiller, ô souffle du printemps"

※演奏家の希望により、曲目等公演内容に変更が生ずる場合もございます。あらかじめご了承ください。
※未就学児童の入場はご遠慮ください。

ディミトリ・コルチャック
テノール・リサイタル

2018年3月15日(木)19時
Thursday, 15 March 2018 at 7p.m.

東京オペラシティコンサートホール
Tokyo Opera City Concert Hall

ピアノ:浅野 菜生子
Pianoforte:Naoko Asano

チケット発売日

友の会優先発売 :10月23日(月)
 10:00
DM会員優先発売 :10月25日(水)
 10:00
一般発売 :11月1日(水)
 10:00
  
*友の会およびDM発売は東京プロムジカのみで受付

チケット価格

S:¥ 10,000
A:¥ 7,000
B:¥ 5,000

お問い合わせ・お申し込み

東京プロムジカチケットデスク
03-3372-7050

お問い合わせ
 

東京オペラシティチケットセンター
03-5353-9999

チケットぴあ(Pコード:347-665)
http://pia.jp/
※PC/携帯/スマートフォン共通
セブンイレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗
0570-02-9999

イープラス
http://eplus.jp

ローソンチケット
0570-084-003(Lコード:35502)
0570-000-407(オペレーター/10:00~20:00)
http://l-tike.com/

主催:
東京プロムジカ

協力:
NPO法人日本音楽生涯学習振興協会/NPO法人童謡コーラス支援事務局

 
今年の招聘予定アーティスト一覧 ページトップに戻る