HOME > コンサート情報:今年の招聘アーティスト一覧 > アントニーノ・シラグーザ テノール・リサイタル 2011

コンサート情報

コンサート情報トップ
来年度招聘予定アーティスト
過去の公演
 
アントニーノ・シラグーザ テノール・リサイタル 2011

アントニーノ・シラグーザ(テノール)
Antonino Siragusa , Tenor

 イタリア・シチリア島メッシーナ生まれ。メッシーナの“A.コレッリ”音楽学院で、アントニオ・ベヴィラックア氏に師事。1992年、カターニャ・ベッリーニ劇場のコーラスを務める傍ら、声楽の研鑽を積み、ソリストとして活動の場を拡げるが、96年“ジュゼッペ・ディ・ステファノ”国際コンクールでグランプリを獲得、≪愛の妙薬≫ネモリーノ役でオペラ・デビューを機に、本格的キャリアをスタートさせる。

 イタリアの澄み切った青空に響く輝かしい声、甘く抒情的な歌唱は忽ちのうちに注目を集め、ヴェネツィア、ボローニャ、ローマ、ミラノ、トリノ、ナポリ、ロッシーニ・フェルティバルなどイタリアの主要歌劇場に次々とデビューを果たし、その後もニューヨーク、ウィーン、ベルリン、アムステルダム、ハンブルグ、マドリード、モンテ・カルロ等主要オペラ・ハウスに登場、真のイタリア・ベルカント唱法、卓越したコントロール・テクニックで得意とするベッリーニ、ドニゼッティ、ロッシーニ、モーツァルトなどの作品に彼の魅力を余す所なく発揮し、ワールド・ワイドに活躍の場を広げている。

 2009/10年シーズンは、パリ・オペラ座・バスティーユ、トリノで《セビリャの理髪師》、トリノで《タンクレディ》、ベルリンとパリ・シャンゼリゼで《ラ・チェネレントラ》、トリエステで《ロメオとジュリエット》《愛の妙薬》、ロッシーニ・フェスティバルには《シジスモンド》〈スターバト・マーテル〉等に出演。

 2010/11年シーズンは、ベルリンで《セビリャの理髪師》、チューリッヒで《ギョーム・テル》、ビルバオで《イタリアのトルコ人》、メトロポリタン・オペラで《アルミーダ》、ヴェローナで《真珠採り》、バーリで《エルミオーネ》等に出演予定、その後もアレーナ・ディ・ヴェローナ、日本(藤原歌劇団)ウィーン、フィレンツェで《セビリャの理髪師》等の活躍が約束されている。

 98年10月に「テノール・ガラ」で初来日、輝かしい超高音と卓越されたテクニックで聴衆を魅了し、鳴り止まぬ喝采を浴びて以来、99年からほぼ毎年ソロ・リサイタルを開催、陽気な人柄とチャーミングなステージ・マナーで多くのファンを獲得している。2002年には、新国立劇場《セビリャの理髪師》で待望の日本オペラ・デビューを飾り大成功を収めて以来、2007年にはスポレート歌劇場日本公演《セビリャの理髪師》、2008年3月に藤原歌劇団公演ロッシーニ《泥棒かささぎ》、6月にスポレート歌劇場日本公演《チェネレントラ》、2009年には新国立劇場《チェネレントラ》と度重なる来日で、日本でも絶大な人気を誇っている。また、近年はエヴァ・メイやデジレ・ランカトーレとのデュオ・リサイタルを開催、息の合ったステージで成功を収めている。

 日本国内での録音は“カルーゾー~イタリア名曲を歌う”、“人知れぬ涙~アリア集”、“理想の女(ひと)”をキングレコードよりリリース、好調なセールスを記録している。

 
曲目

前半

ドニゼッティ:《愛の妙薬》~ “人知れぬ涙”
G.Donizetti : 《L’elisir d’amore》~ “Una furtiva lagrima”

グノー:《ロメオとジュリエット》~ “ああ、太陽よ昇れ”
C.F.Gounod : 《Roméo et Juliette》~ “Ah! léve toi soleil”

ロッシーニ:《チェネレントラ》~ “ああ、誓ってまたみつけよう”
G.Rossini : 《Cenerentola》~ “Si, ritrovarla io giuro”

ビゼー:《真珠採り》~ “耳に残る君の歌声”
G.Bizet : 《Les pêcheurs de perles》~ “Je crois entendre encore”

ヴェルディ:《リゴレット》~ “女心の歌”
G.Verdi : 《Rigoletto》~ “La donna è mobile”

ロッシーニ:《ウィリアム・テル》~ “静かな隠れ家”
G.Rossini : 《Guillaume Tell》~ “Asil Héréditaire”

後半

トスティ:暁は光から闇をへだて
F.P.Tosti : L’alba separa dalla luce l’ombra

デ・クルティス:帰れソレントへ
E.De Curtis : Torna a Surriento

ガスタルドン:禁じられた音楽
S.Gastaldon : Musica proibita

トスティ:かわいい口もと
F.P.Tosti : A vucchella

ララ:グラナダ
A.Lara : Granada

ダッラ:カルーゾー
L.Dalla : Caruso

演奏家の希望により、曲目等公演内容に変更が生ずる場合もございます。 あらかじめご了承ください。
※未就学児童の入場はご遠慮ください。

アントニーノ・シラグーザ
テノール・リサイタル

2011年9月6日(火)19時
Tuesday, 6 September 2011 at 7p.m.

東京オペラシティコンサートホール
タケミツメモリアル

Tokyo Opera City Concert Hall
Takemitsu Memorial

ピアノ:パオロ・バッラリン
Piano:Ballarin , Piano

チケット発売日

友の会優先発売:好評発売中
DM会員優先発売:好評発売中
一般発売:好評発売中

チケット価格

S:¥12,000
A:¥9,000
B:¥7,000
C:¥6,000

お問い合わせ・お申し込み

東京プロムジカチケットデスク
03-3372-7050

お問い合わせ
 

チケットぴあ(Pコード 130-998)
0570-02-9999

イープラス
http://eplus.jp

東京オペラシティチケットセンター
03-5353-9999

東京文化会館チケットサービス
03-5685-0650

主催:
東京プロムジカ

後援:
イタリア文化会館

協力:
キングレコード(株)
アリタリア-イタリア航空

 
今年の招聘予定アーティスト一覧 ページトップに戻る